人気のある梅干しとは

人気のある梅干は紀州南高梅です。この紀州南高梅は通常の梅よりも肉厚で柔らかく、粒も大きいのが特徴です。

梅干しを食べた時の効果

ミネラル成分がたっぷり

梅干には鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、貧血予防や骨粗しょう症予防になります。

カルシウムの吸収を助ける

梅干を食べる事でカルシウムの吸収を高めてくれます。魚料理と一緒に食べると効率よくカルシウムの吸収することが出来ます。

疲労回復効果があり疲れにいい

梅干にはクエン酸という成分が含まれており、エネルギーの代謝を高めてくれるので老廃物を溜まりにくくし疲れにも効果を発揮します。

食欲を増進させる効果があります

梅干の酸味で唾液が分泌されるので、夏場食欲がないという日に梅干を食べると消化吸収を助けてくれます。

肝機能を強化して血液サラサラに

梅干に含まれるピルビン酸が肝機能を強化し、血流を改善して動脈硬化の予防や血栓を予防します。

日本の伝統的な保存食で健康にも良い

梅干し

梅干は、梅雨の時期に収穫できる生の青梅を塩漬けしてから日干しして作る、日本の伝統的な漬物です。程よい塩気と特有の酸っぱさは、白ご飯によく合い、ご飯のお供やおにぎりの具の定番となっています。昔ながらの食品が時代を超えても日本人に愛され続けるのは、美味しいだけでなく、さまざまな魅力があることが理由です。梅と塩には殺菌作用があり、塩分20%ほどでつける伝統的製法の梅干しは長い間腐ることなく、保存することができます。強烈な酸っぱさは唾液の分泌を更新させ、食欲をさせますし、ウメに含まれる酸味のもとクエン酸やリンゴ酸の作用によって疲労回復作用があることもおなじみです。また近年は、夏の熱中症対策が重視され、汗で失った塩分をこまめにとることが薦められていますが、塩分やミネラルを含む梅干しは、熱中症対策に良いことでも注目を浴びています。

ご飯の供や疲労回復、味のアクセントにも

梅干し

梅干は弁当やおにぎりに入れることで、ご飯のはし休めになるほか、殺菌作用で食品を傷みにくくする作用があるとも期待されています。クエン酸やミネラルなどが含まれ体に良いので、疲れた時や二日酔いの時に一粒食べるのもおすすめです。また、そのまま食べるのも美味しいですが、種を除いた梅肉や副産物の梅酢は、塩味、酸味、香りが絶好の調味料や薬味になり、さまざまな料理のアクセントにも使えます。塩や赤しそで漬けた伝統的製法の梅干しは塩分が多いことから、近年は、はちみつなどの甘味料を加えた調味梅干も人気です。かつおぶし、昆布などが入った個性豊かな梅干しを楽しむのも良いでしょう。

縁起の良い贈り物としても喜ばれる

食材

梅干しは、干したときにできるしわがお年寄りを連想させます。また、ウメと「産む」のゴロが似ていることから「しわができるまで夫婦ともに長生きできる」「子孫が繁栄する」とされ、昔から縁起物として贈り物にも使われてきました。結婚式の引き出物に使われることも多いです。贈り物に利用する場合は、相手の好みに合わせたタイプの梅干しを選ぶのがおすすめです。グルメにこだわる人には、大粒で最高級品の梅干しを、健康にこだわる人には塩分控えめなものを贈ると喜ばれるでしょう。通販で専門店を利用すれば、個性豊かな梅干しが見つかるはずです。

広告募集中